プリンター

高まる需要

カードプリンタはカードをその場で簡単に発行できる印刷機のことで、その場ですぐに本格的なカードが作成できることが最大のメリットです。現在は歯科医や学校など私たちの身近な場でも普及し始めています。利便性や手軽さなどから、これから先更に需要が高まることが予想されます。

詳しく見る

男女

印刷品質の改善

プリンターでは目詰まりが発生し、印刷物のかすれなど問題につながることがある。目詰まりを防止するためには、定期的に利用しインクが固まることを防いだり、ほこりを取り除くための掃除を行うと、目詰まり防止ができる。

詳しく見る

トナー

環境保全に役立つ製品とは

リコーは、世界に先駆けて、バイオマストナーを搭載したデジタル複合機を発売し、理想的な循環型社会の構築に貢献しているだけでなく、環境保全活動の一環として、使用済みトナーカートリッジ製品の回収やリサイクルを積極的に行っていることから、ユーザーは、安心してリコーの製品を使用し続けることが出来ます。

詳しく見る

3Dプリンター

技術導入による業務効率

3Dプリンターを活用した製造プロセスによって、製品の作成に費やすコストが大幅に減少できるようになりました。設計と製造のプロセスが直接つながるようになり、細かな調整を繰り返しながら試作品の開発を進められるようになったことで、製品の品質を短期間に向上することが可能となりました。

詳しく見る

ボタン

レンタルが便利なOA機器

最近のコピー機はファックス機能やスキャナーとしても使えるので、オフィスには欠かせない機器です。購入する方法とリースする方法がありますが、多くの会社ではリースを採用しています。安い物なら月3000円から利用できますし、税法上も経費で落とせます。所有権はリース会社にあるので面倒な事務処理は不要です。

詳しく見る

借りた方が安い

ウーマン

メンテナンスもできる

会社で使うような大型コピー機は、購入するとなるとかなり高価なのでフロアごと、部署ごとに設けるのは大変です。そこで、リースを活用することが多くなっています。大手企業であっても、コピー機などのOA機器はたいていリースなのです。その方が安く、お得だからです。ただし、リース会社はいろいろあるので料金の比較や対応の良さの比較など、しっかり行った上で選びましょう。特にメンテナンスは重要です。コピー機のリースでは、通常、定期的にメンテナンスに訪れてくれます。いくら借りているとはいえ、毎日のように使用しているのでは故障してしまうこともあるはずです。不具合が生じてしまった時など、迅速に対応してくれる業者を活用しましょう。また、メンテナンスをきちんとしていても壊れてしまうことがあります。そんな時はリースのコピー機の場合、すぐに代替品を用意してもらえるので安心です。同じメーカーの同じ型ではないと使い勝手も違うので、この点も考慮して取り寄せてもらえます。そんな対応の良さからも、リースを選んだ方が有効的と言えるでしょう。もちろん、リースの場合も消耗品としてトナーが挙げられます。この交換や購入などもリース会社を通して行えるようになっているため、OA機器全てを同じ業者と契約した方が何かと便利です。これから会社を立ち上げるという人なども、OA機器を取り揃えるには購入ではなく、リースを活用してみた方がいいかもしれません。

Copyright© 2018 コピー機のリースを申し込み【簡単に選べる】 All Rights Reserved.